ホーム > 会社概要

経営理念

私たちは、チーム力と創意工夫で「いい会社」をつくります。

ごあいさつ

1986年8月に滋賀の甲賀水口で開業したわが社は、創業時より『TIG溶接』に特化をし、溶接とアナログ技術をメインに製造業を営んでまいりました。

これまで30年を超える年月で培ってきたTIG溶接のノウハウと納期厳守の実績で現在では有名アーティストのコンサート舞台やテーマパークで使用される舞台関係のアルミ製品、JAXAや航空機関連の作業現場で使用する特殊なアルミ作業台、そして国家プロジェクトでもある2020東京オリンピックで使用をされる製品の製作依頼をいただくまで成長することができました。

これからも機械やロボットではできないアナログな部分の技術を追求し、『チーム力・創意工夫・不易流行』をキーワードにお客様の期待を形にできるよう、さらに努力を重ねてまいるとともに、モノづくりの楽しさと可能性を次世代へと伝える役割も担いながら、人材育成にも尽力したいと考えております。

代表取締役 中前 直也

沿革

1986年8月尾下 憲が個人企業として創業
トーフレ㈱協力工場として取引開始
㈱ピカ コーポレイション協力工場として取引開始
1992年9月「有限会社 ティグ水口」設立
1996年5月代表取締役に尾下 憲 就任
㈱タキノ工業所取引開始
1997年9月日綜産業㈱取引開始
2002年8月「株式会社 ティグ水口」に組織変更
2006年6月専務取締役に中前 直也 就任
2006年9月県経営革新計画承認(5ヵ年計画)
2010年3月資本金を1000万円に増資
2010年5月滋賀県中小企業家同友会より「滋賀で一番大切にしたい会社」に選出される
2010年6月㈲シー・エス・プラン取引開始
2010年8月法政大学 坂本 光司教授 視察
2014年4月代表取締役会長に尾下 憲 就任
代表取締役に中前 直也 就任
2015年6月取締役専務に尾下 太志 就任
2016年12月(株)シミズオクト取引開始
2017年12月新工場稼動開始
2019年2月(株)渡邊鉄工所取引開始
2019年5月取締役常務に村上 広宣 就任
尾下憲が代表取締役会長を退任

会社概要

商号株式会社 ティグ水口
所在地〒528-0064
滋賀県甲賀市水口町伴中山2677番地
TEL0748-63-1957
FAX0748-63-2123
役員代表取締役社長 中前 直也
専務取締役   尾下 太志
取締役常務   村上 広宣
設立平成 8年 5月21日(創業 1986年)
資本金1000万円
敷地敷地 約1,700坪
建物 約450坪
従業員数19名

主要取引先

株式会社ピカコーポレイション 日綜産業株式会社
株式会社 シミズオクト 株式会社タキノ工業所
有限会社C&Sプラン 株式会社渡邊鉄工所

業務内容

溶接加工

主に6社の協力会社として、非鉄金属(アルミ・ステンレス)の溶接加工など

アルミ製品

アルミ部門では、アルミ製作業台やイベント関係(トラス・ステージ等)など

認定製品

仮設工業会認定製品や特注一品物の製造など

ステンレス製品

ステンレス部門では、メーカーのスタンダード品の溶接など

販売代理店

㈱ピカ コーポレイション製品の販売代理店

worgon

自社製品「worgon」の製造・販売

設備一覧

溶接機

Panasonic デジタル300P(交直両用)1台
DAIHEN エレコン300P(交直両用)4台
DAIHEN エレコン500P(交直両用)16台
DAIHEN エレコン300P(直流専用)1台

切断機

増田精機 CS1004台
増田精機 CS100(3次元)1台
ミタチ電機 MMC−3601台
AMADA コーナーシャー1台
AMADA シャーリング1台

旋盤

ワシノ機械 旋盤1台
SHIZUOKA フライス盤1台

NC加工機

フジ産業 FBH-20AL-6T1台

フライス

YS工機 パイカット2台

ブレーキ

AMADA ブレーキ(1.2M)1台

プレス

AMADA セットプレス 30t1台
KANEDA 動力プレス 35t2台
HIKARIZOKI 動力プレス 35t1台
AMADA SPH-3C1台
KOMATSU 動力プレス 35t1台

ベンダー

TAIYO フリーベンダー1台
サン機工 大型フリーベンダー1台

フォークリフト

NISSAN 2.0t1台
NISSAN 2.5t1台
TOYOTA 2.0t1台
TOYOTA 1.8t1台
MITSUBISHI 1.5t1台

運搬車

MITSUBISHI FIGHTER 4.0tロング1台
MITSUBISHI FIGHTER 4.0t1台